続・おさるの親子
こども2人と日々の暮らし。
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の恋
息子(7才)に好きな女の子がいるとな!!!

夫から以前聞いてはいたが、本人の口から聞くのは初めて。

ニヤニヤしたり、からかったりするのは厳禁、
と夫から厳重注意されていたので、まじめくさった顔で対応に努めるのにひと苦労・・・(^^ゞ
ここで笑ったり、からかったりしたら、一生口きいてくれなくなるそうで。

男の子ってデリケートなのね。。。

運動会の組分けが、息子は白組で、その娘は赤組らしい。
その話は、息子が話したがらなくてココでお終いに。

さっき、のどが渇いて起きてきた息子に、さりげなーく、
「好きな子って誰?」と聞いてみたらば、

「おしえない」 と言われてしまいましたワ。




にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
田辺聖子 と 鴨居まさね

「金魚のうろこ」

原作:田辺聖子、画:鴨居まさね(敬称略)のコミック。
短編が5つ。

原作と漫画の作者の相性が良いんでしょうか!?
原作は読んでませんが、
田辺聖子作品の かわいげのある男の人 がピッタリ。

第5編「夢笛」
40才前後の男女のユル~イ距離感が秀逸。
40才前後・独身・キャリアウーマン(死語?)の口癖が、
「-って言うよりも・・・」と、まず 否定 から入るところなんて、 あるある と言いそうになりましたよ。

同級生も「ちゃうねん、ちゃうねん・・・」と枕詞つけてましたね。
その後の話の内容はちがうことないような・・・

人のことばかり言ってられません。
私もよく「いやいや・・・」と枕詞につけるので、昔、ある人に注意されたことがあります。
言われた当時はけっこうショックでした。
今でもうっかりすると言ってしまうので、気をつけてはいるのですが・・・

作中では
「「そうやねぇ・・・けど、こうかもしれないわ」と言わんかい。」
と、同じ40才前後バツ1独身男に言われてますね。

こんなセリフ、カドカドだらけの若い頃に言われても、
「はいそうですか。」な~んて言うわけないし!(^_^;)

もうひとつ、
「この世の中、いっぺんでも楽しいことが多い方が勝ちやデ。いっぺんでも笑た(わろた)ほうがトクや。」というセリフ。
心にきました。
この言葉、胸において日々を過ごしたいと思いました。

20代の頃にはもうひとつ分からなかった「田辺聖子」を読み直してみました。
手持ちにあったのはコレ↓


まだまだ読んでない田辺作品がたくさん。
オススメはありますか?
キャンプ
キャンプに行ってきました~!



私、初キャンプ。
テントに泊まるのは初めてです。

先日の予行演習?通りに、テントは調子よく張れましたが、その他もろもろが・・・疲れました。

遊びに行きたくてウズウズしていた息子。
どうにか設営をし、近くの川へ。

一心不乱。

あ~あ、お尻濡れちゃったよ。


晩ごはん。

他の人達のキャンプの様子をそれとなく見てみると・・・

*設営はコンパクトに、手早く。
:テーブルクロスでオシャレに。
*ご飯は、バーベキュー以外にも楽しめるメニューを。

などなど。
とっても勉強になりました。

飯ごう炊飯に失敗した夫(食べれたけど)はリベンジを。
熱中症でダウンした私は、体力をつけて。

次回、がんばります。←未定だけど。
テント生活
ここ数日、こんなところで寝てます。



子供大喜び~!!!




片付ける気合がないので、もう少しこのままで。。。(^^ゞ
キングコング西野サン
東北旅行の記事をUPさせないと、と思いつつ・・・

さっき、カレーを煮込みながら見たTBSのハニカミに出演してた
キングコング西野サンの番組中のトークに感動してしまったので・・・

兵庫県川西市出身らしい西野サン。
現在は東京で暮らしているそうですが、ある日実家に突然帰ったそうです。

玄関開けて「ただいま~」と言い、
お母さんも普通に「お帰り~」と言い、

リビングでとりあえずビール飲んでた西野サンに、
あっという間にお母さんがだしてくれたご飯。。。

その前からお姉さんが、
「帰ってくるときは電話しいや」と、何回も言うので、
「いったい、なんやねん。しつこいな~!?」と言ったらば・・・

お姉さんが、
「ご飯、すぐ出てきたやろ?。
お母さん、あんたが東京行ってからずっと、1人分多くご飯つくってんねんで。」

胸が ワーっ となった西野サンが、台所へ行き、
「おかん、俺帰ってきてご飯無くてもコンビニもあるし、何とかなるからご飯余分に作らんでもええで。」
と言ったらば、

お母さんいわく、
「余分になんか作ってへん。」

「家族の分しか作ってへんよ。」 だそうで。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。